カードローンの危険性とは?デメリットや注意点を踏まえた安全な借り方を解説

カードローンの危険性やデメリット・注意点をもとに安全な借り方を解説

カードローンの危険性とは?

「カードローンは怖いから借りない方がいいって本当?」

とカードローンに対して不安を感じている方は多いのではないでしょうか。

結論、カードローンの危険性としては主に、以下の項目があげられます。

  • 一部のカードローンでは職場や家族にバレる危険性がある
  • 必要以上の借り入れで返済額が膨らむ
  • 長期延滞で信用情報に傷がついてしまう
  • 違法業者に借りると高額な利子や延滞時の厳しい取り立てに遭う

ただし、いずれも危険性をきちんと理解し、そのリスクを踏まえて対策すれば、カードローンは安全に借入できる便利なサービスです。

本記事では、カードローンの危険性と対策について詳しく解説していきます。

カードローンのメリットからデメリット、借りる人の特徴など様々な視点から安全にお金を借りるための注意点を紹介するので、カードローンを借りようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • カードローンの危険性と対策
  • カードローンで借りない方がいいといわれる理由
  • 消費者金融は金融庁の認可を受けた正規の貸金業者
  • 違法業者に借りると利息金が膨らみ厳しい取り立てに遭う
  • 危険性を回避して安全に借りれるおすすめのカードローン
  • カードローンのメリット・デメリット
  • 失敗しないカードローンの選び方
目次

カードローンの危険性と対策!借りない方がいいと言われる理由を解説

ここでは、カードローンをの危険性や借りない方がいいといわれる理由を5つ紹介し、それぞれの対策を解説していきます。

カードローンが危険・借りない方がと言われる理由
  • 違法業者に借りると高額な利子や延滞時の厳しい取り立てに遭う
  • 返済が長期化すると返済額が増えてしまう
  • カードローンの利用で家族や知り合いにバレる危険性がある
  • 必要以上の借入をすると多重債務に陥る危険性がある
  • 61日以上滞納した場合信用機関情報に掲載されてしまう

カードローンではまず、金融庁に認可を受けた正規の貸金業者である消費者金融や銀行カードローンを使用することが重要です。

また、カードローンの危険性として最も挙げられるのは、借り入れ後の返済に関してです。

不必要にお金を借りたり返済を長期化させたりすると、長期延滞をしてしまう可能性があり、信用情報に傷がついてしまうことも起こり得ます。

カードローンを使用する際は、計画的な返済を行いましょう。

もし、複数の金融機関からお金を借りている人はおまとめローンのある消費者金融を選択してはいかがでしょうか。

このような危険性の対策を詳しく解説していくのでぜひ参考にしてください。

違法業者に借りると高額な利子や延滞時の厳しい取り立てに遭う

誤って、違法業者に借りると高額な利子や延滞時の厳しい取り立てに遭う可能性が高いため、絶対に借りないようにしましょう。

消費者金融や銀行カードローンは、金融庁の認可を受けた正規の貸金業者でのため、安全に借り入れが可能です。

しかし、審査なしや審査甘いと謡う違法業者は、法律を遵守していないため大変危険です。

そういった違法業者からはお金を借りないことが一番の対策です。

正規の貸金業者か違法業者かを判断する方法は、以下の通りです。

  • 貸金業者のホームページに金融庁の登録番号が載っているか確認する
  • 金融庁のシステム画面で、貸金業登録番号を検索し載っているか確認する

また、審査なしや審査甘いカードローンは存在しないことを必ず認識しておきましょう。

カードローンは返済が長期化すると利息が増えて返済が大変

正規の貸金業者にお金を借りていたとしても、返済が長期化すると利息が増え、返済が大変になってしまう可能性があります。

カードローン返済の長期化を避けるために、借りる前に以下の3つのポイントを抑えておくことで、危険を回避できます。

  • 金利が低いカードローンを選ぶ
  • 返済を長期化しないように気を付ける
  • 無利息期間のあるカードローンを選ぶ

各カードローンでは、借入額や返済期間によって金利に差があります

カードローンで借入を行う際は、事前に各会社の金利を調べるようにしましょう。

そして、比較的金利が低いカードローンを選ぶことで利息の負担が減ります。

また、返済の長期化を避けるために借入の計画を立てるようにしましょう。

借りる期間によっては、無利息で提供しているカードローン会社もあります。

ここで、消費者金融カードローンの大手3社をあげて比較してみましょう。

スクロールできます
大手消費者金融カードローンの比較表
カードローン
会社
プロミスSMBCモビットアコム
金利4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
無利息期間最大30日間なし最大30日間

消費者金融カードローンは、比較的金利も高いことから利用するなら、短期間での利用がおすすめです。

カードローンの利用で家族や知り合いにバレる危険性がある

カードローンが危険と言われる理由の3つ目として、カードローンを利用することで、家族や会社の人などにバレてしまう危険性があることも挙げられます。

以下に、カードローンの利用がバレてしまう原因と対策をまとめました。

在籍確認の電話連絡で職場にバレてしまう

→在籍確認を書類確認で行ってもらえるカードローンを選びましょう

郵送された書類により家族にバレてしまう

→WEB完結できるカードローンを利用し書類の郵送をなしにしましょう

延滞時の催促通知で家族やパートナーにバレてしまう

→アプリで返済計画を管理するなど対策し延滞しないよう注意しましょう

消費者金融のカードローンでは、在籍確認の電話連絡をなしにできたり、WEB完結で書類の郵送なしにできたりと、バレない対策が充実しています。

絶対に誰にもバレたくない方は消費者金融のカードローンを検討してみてください。

カードローンは必要以上の借入をすると多重債務に陥る危険性がある

必要以上の借入をしていることにより、多重債務に陥るというのもカードローンの危険性の1つです。

多重債務とは、複数の金融会社から借金を繰り返すことにより、返済が困難な状態をいいます。

借金や利息が増え、返済が困難になると、最終的には債務整理や自己破産といった法的手続きをせざるを得ない状況になってしまいます。

この多重債務に陥らないためにも借りる前に返済計画をしっかりとたて、必要以上の借入はしないようにすることが大切です。

61日以上滞納した場合信用機関情報に掲載されてしまう

最後に、3ヶ月以上滞納した時の結果が信用機関情報に掲載されてしまうという危険性について解説します。

カードローンは、借りたら返済期限が発生しますが、中には返せなくて滞納してしまう人もいます。

61日以上滞納してしまった場合、信用情報機関に掲載されてしまうのです。

これは俗にいうブラックリストと言われるもので、信用情報機関に掲載されてしまうと、一定期間借入ができない状態に陥ってしまうこともあるのです。

カードローンは、借金の一つであり、借りたものはきちんと返すルールです。

したがって、返せなくなるような多額の借入をせず、返済期限を守るようにしましょう。

カードローンを借りる人の特徴は?借りない方がいい・怖いと言われてるけど大丈夫?

カードローンの借りる人の特徴は、年齢・性別ともに様々です。

また、使用用途も幅広く、気軽にカードローンを利用している人が多くいます。

今回は、日本貸金業協会による「貸金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告」から、性別・年齢別で借入経験のあるデータを表にまとめました。

借入経験がある男女比
男性女性
63.5%36.5%
年代比
年代別パーセンテージ
20代以下16.0%
30代19.1%
40代24.8%
50代20.9%
60代以上19.2%

カードローンの借入をしている男女の割合は、男性が63.5%、女性が36.5%と男性の方が女性より1.7倍と利用経験が多いことがわかっていますが、女性の利用者も意外と多いことが分かります。

また、年代別では40代の利用頻度が一番高く24.9%となっていました。

上記のように、カードローンは幅広い性別・年齢の方が利用していることが分かります。

さらに、カードローンを借りている人の借り入れ動機の上位も調べました。

借り入れ後の使用用途
  • 趣味/娯楽
  • 食費
  • 外食等の遊興費
  • 家賃の支払い(住宅ローンの返済を除く)

趣味や娯楽・食費等意外と身近なものに使用している人が多いことが分かります。

カードローンを使用する人は、やばい人なのではないかと不安を抱えている方も多いと思いますが、案外気軽にお金を借り入れしている人も多いです。

不要な借り入れをしないこと、返済に遅れないことを意識すればカードローンはとても便利なサービスといえるでしょう。

参照:https://www.j-fsa.or.jp/doc/material/report/190930.pdf

カードローンの種類と違いを解説

カードローン利用の実態がわかってきたところで、ここからは、カードローンの種類と違いを解説していきます。

カードローンは、大きく分けて2種類にわかれます。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン

この2種類のカードローンの違いを表にまとめました。

消費者金融
カードローン
銀行
カードローン
法律貸金業法銀行法
総量規制収入の3分の1なし
保証会社の
有無
利息無利息期間あり無利息期間なし
融資までの
スピード
即日融資可能数日かかる
審査通過率一部公表あり公表なし

消費者金融カードローンと銀行カードローンでは、対象となる法律が違うため、借入の限度額や保証の有無などに違いがあります

それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

消費者金融のカードローンは最短20分で周囲にバレずに即日融資が可能

消費者金融カードローンの特徴として、即日融資が可能というメリットがあります。

申込から審査まで最短で20分で結果がわかり、融資を受けることができるので、急いでいる人にとってはおすすめのカードローンです。

また、カードローンの利用が周辺にバレずに借入できる点もおすすめポイントとしてあげられます。

カードローンの危険性を回避しやすいおすすめの消費者金融は、プロミスです。

プロミスの詳細・おすすめポイント
契約限度額500万円
貸付利率
(実質年率)
4.5%〜17.8%
審査通過率40.8%(2023年5月時)※
融資までの
時間
申込から最短20分で即日融資可能
おすすめ
ポイント
初めての方には30日間利息0円
原則電話での在籍確認なしでバレない
アプリのみで借入から返済までできる

※参照:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標2024年3月期

プロミスは、即日融資が可能で、最短で20分で借入ができます。

また、初めて利用される方には30日以内なら利息が0円のサービスも行っていて、計画的な借入と返済を行うことで、利息を払うことなく借入ができます。

原則電話での在籍確認なしでバレる可能性も低いため、今すぐ借り入れしたい方はプロミスがおすすめです。

銀行カードローンは金利を抑えることができるカードローン

銀行カードローンは金利が低く、金利を抑えることができるカードローンです。

銀行カードローンは各会社によって金利設定は違うものの、消費者金融カードローンに比べると金利は低く設定されています。

また、銀行が運営するカードローンということもあり、提携する銀行ATMやコンビニATMでの利用手数料が無料になる点もおすすめポイントです。

金利を抑えることで、返済の負担を回避するのにおすすめな銀行カードローンは、三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンの
詳細とおすすめポイント
契約限度額最大800万円
貸付利率
(実質年率)
1.5 ~ 14.5%
融資までの
時間
最短当日
おすすめ
ポイント
カードレスで借入から返済までできる審査の回答は最短で当日4つの返済日が設定されており、返済日を選ぶことができる銀行提携ATMから借入が可能口座引き落としでの返済ができる

融資までの時間も比較的他の銀行カードローンより早めで、時間によっては当日に融資を受けることも可能となっています。

その他にも返済を自動引き落としで設定できる点や、4種類の返済日から都合の良い返済日を選ぶことができるサービスもあります。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

カードローンの危険性・デメリットを考慮して上手に利用する4つのポイント

ここからは、カードローンの危険性やデメリットを考慮して上手に利用するための4つのポイントをまとめていきます。

カードローンを効率よく利用するためのポイントは以下の4つです。

  • 返済シュミレーションを使って事前に返済計画を経てる
  • 必要な時だけ利用する
  • 返済に余裕のある時は繰り上げ返済を利用する
  • 借り過ぎないように限度額を低く設定する

カードローンの危険性はお分かりいただけたと思いますが、サービスや概要を理解し、上手に利用することで、効率よくお金を借りることも可能です。

日々の生活の中で、どうしてもお金が必要になったり、突然のトラブルで一時的にお金が必要ということは誰にでもあることです。

もし、突然お金が必要になった時、カードローンを利用してお金を借りたい時に気を付けるべきポイントを抑えておけば、危険性を回避して借りることも可能になります。

順番に解説していきます。

返済シュミレーションを使って事前に返済計画を経てる

ほとんどのカードローン会社には、事前に借り入れできるかどうかの診断や返済シュミレーションを使っての返済計画をたてられるシステムを導入しています。

借り入れを行う前に、自分がどれくらい借りたいのか、また、返済できるかどうかをシュミレーションすることで、返済計画がわかり、安心して借入を行うことができます。

借り入れ前に自分が返済できる範囲かどうかをしっかり確認しておきましょう。

必要な時だけ利用する

カードローンを利用するときは、必要な時だけ利用するというルールを決めておきましょう。

一度審査に通ることで、いつでも借入が可能となりますが、いつでも借りることができるからといって借りたい時に借りることをしてしまうと、いつの間にか返済額が増えていたということにもなりかねません。

カードローンを上手に利用するためにも、どうしても必要な時だけというルールを決めて、利用するようにしましょう。

大切なのは、自己管理できるかどうかです。

しっかり自己管理をしながら上手にカードローンを利用していくことで、リスク回避につながります。

返済に余裕のある時は繰り上げ返済を利用する

カードローンを利用することで、毎月の返済が発生しますが、お金に余裕のある時は、繰り上げ返済を利用して早く返済するように心がけましょう。

繰り上げ返済をすることで、借入期間が短くなり、利息を抑えることができます

臨時収入がある時やボーナスがもらえたときなどは繰り上げ返済のチャンスです。

長い期間カードローンを借り続けるということは、それだけ利息を増やすことにもつながります。

臨時収入がない人は、普段の生活の中で見直せる費用があれば見直すようにしましょう。

そして、その浮いたお金をできるだけ返済額に充てるようにします。

こうすることで、早く返済できるようになりますし、無駄な利息も抑えることができます。

借り過ぎないように限度額を低く設定する

借り過ぎないように限度額を低く設定しておくことも大切です。

カードローンは、申し込む際に希望限度額を記入しますが、カードローン会社からの審査によって限度額が決まります。

カードローンには、総量規制が設けられており、年収の3分の1までしか借りることができません

例えば、年収300万円の人が借りられる額は3分の1の100万円までです。

例え100万円まで借りられるとしても、限度額を自分で低く設定しておくことで、必要以上の借入を抑えることができます。

どうしてもまとまったお金が必要となった時は、増額の申請をすればよいのです。

新規で借りる場合は、できるだけ限度額を低く設定しておくことをおすすめします。

失敗しないカードローンの選び方を徹底解説

ここでは、失敗しないカードローンの選び方についてポイントを抑えて解説していきます。

主なポイントは次のとおりです。

  • 金利や手数料が低いカードローンを選ぶ
  • 返済の利便性が高いかを調べる
  • 融資開始までの速さで選ぶ
  • 審査通過率の高いカードローンを選ぶ

カードローンを選ぶときは、自分に合った借入かどうかを見極めることが大切です。

各カードローンによってサービスの提供や借入金額、返済方法などに違いがあります。

そのために、安易な借入の申込をするのではなく、事前の下調べが重要になります。

ここでは、特に気を付けるべきポイントを抑えながら、上手にカードローンを選んで利用するための方法を4つご紹介します。

金利や手数料が低いカードローンを選ぶ

無駄なコストを抑えるためにも金利が低いところを選んだり、手数料を抑えることができるカードローンを探すのが良いです。

金利を抑えたい場合は、消費者金融のカードローンの無利息サービスを利用するのがおすすめです。

また、手数料を抑えたい方は、提携しているATMが豊富で手数料無料のサービスがあるカードローンを選びましょう。

ただし、長期的に金利を抑えたいという方は、金利の低い銀行カードローンを選択するのがおすすめです。

返済の利便性が高いかを調べる

カードローンの借り入れを行う前に返済の利便性が高いかどうかを調べることも失敗しないカードローンの選び方の一つです。

期限までの返済は、カードローンを借りた後の延滞等のトラブルを防ぐためにとても重要です。

不安な方や、返済の手間を省きたい方は、スマホ一台で借り入れから返済までを完結できるカードローンがおすすめです。

返済方法などの情報は各カードローンのホームページで調べることができます。

融資開始までの速さで選ぶ

融資開始までの速さを比べて選ぶことも失敗しないカードローンの選び方の一つです。

消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べて融資のスピードも早く、20分程度で借入できる会社もあります

一方で銀行カードローンでは、申込から融資までの時間がかかることも多く、数日かかってしまうこともあります。

急な出費でどうしてもすぐにお金が必要という方や、できるだけ早く借りて、早く返したいという方には、融資開始までが速いカードローン会社を選ぶようにしましょう。

審査通過率の高いカードローンを選ぶ

カードローンで失敗しないためには審査通過率が高めのカードローンを選ぶことも大切です。

審査通過率とは、カードローンの新規申込者のうち、審査に通過した人の割合を示す数値です。

特に、消費者金融カードローンでは、この審査通過率を定期的に公表しているところもあり、参考の一つとなっています。

ただし、審査通過率が高いからと言って必ずしも審査に通るというわけではないため注意が必要です。

カードローンでのよくある質問

ここからは、カードローンでよく出る質問を簡単にまとめました。

Q&A形式でご紹介していきますので、最後までご覧ください。

質問内容は以下の9つです。

  • カードローンを払えないとどうなりますか?
  • 審査の甘いカードローンはありますか?
  • カードローンの返済を滞納したらどうなりますか?
  • カードローンを作るだけのデメリットは何ですか?
  • カードローンで契約のみの場合信用情報に影響がありますか?
  • キャッシングをする人にはどういう特徴がありますか?
  • カードローンを延滞すると怖い取り立てが来る危険性がありますか?
  • 一度でも返済を滞納したら借りられなくなりますか?
  • カードローンは闇金業者と違うのですか?

カードローンを払えないとどうなりますか?

カードローンが払えなくなると、信用情報機関に払えなくなった情報が載ってしまい、後に借入を行いたい場合やカードを作りたいなどの審査に悪影響を及ぼすことがあります

カードローンの利用は計画的に返済日を守るようにしましょう。

また、借入を行う前に返済シュミレーションなどを使って返済計画を経てるのも対策としてあげられます。

審査の甘いカードローンはありますか?

基本的に審査の甘いカードローンは存在しません

仮に、「審査の甘い」「審査がない」といった記載をしている会社を見つけたら違法業者や闇金業者の可能性が高いです。

正規のカードローン会社では、厳しい審査のもとに借入ができるようなシステムです。

カードローンで借入を行いたい方には審査通過率に注目して、通過率が高い数値を表している会社を検討するのが良いでしょう。

カードローンの返済を滞納したらどうなりますか?

カードローンの返済を滞納すると、カードローン会社より催促のお知らせが届きます。

お知らせが届いたら、支払い期限までに払うようにしましょう。

それでも、返済の滞納が遅れてしまうと、カードローンの使用ができなくなってしまいます

更に、カードローンの返済を滞納し続けると、信用情報機関に滞納情報が掲載されてしまい、今後の借入などに悪影響を与えてしまいます。

また、返済を滞納し続けることで遅延損害金という別の費用もかかってきてしまいます

返済はきちんと守るようにしましょう。

カードローンを作るだけのデメリットは何ですか?

カードローンは利用せずに作るだけということもできますが、不利に働いてしまうこともあるため注意が必要です。

例えば他でローンの審査を行った場合、カードローンを作ったという経歴が載ってしまっているために、審査が通らないといった悪影響を及ぼす場合があります。

また、無利息期間のあるカードローンの場合は、利用しないままで終わってしまって損をすることもあるため、カードローンを作るだけというのはあまりお勧めしていません。

カードローンで契約のみの場合信用情報に影響がありますか?

カードローンで契約のみで終わる場合、信用情報機関には契約した旨の情報がそのまま掲載されてしまいます

その結果、カードローン会社側は審査する上での基準として取り入れてしまいます。

滞納等の問題を起こさない限り、問題はないと思いますが、必要ない場合は契約しない方が良いでしょう。

キャッシングをする人にはどういう特徴がありますか?

キャッシングをする人の特徴は、クレジットカードとの併用のため、カードの利用限度額内での利用が可能な人です。

また、利用限度額の範囲の中であれば、新たにキャッシングを利用することも可能です。

これらのことから、キャッシングを利用する人は、限度額内で繰り返し利用する人が多いのが特徴としてあげられます。

カードローンを延滞すると怖い取り立てが来る危険性がありますか?

カードローンの延滞で、怖い取り立てが来る心配はありません。

しかし、延滞していることは事実なので、ハガキやメールなどで、返済を促すための催促は来てしまいます

また、違法業者に借りてしまった場合は、怖い人が取り立てに来る危険性があります。

「審査なし」や「審査甘い」という言葉に騙されて、違法業者からお金を借りないように注意してください。

一度でも返済を滞納したら借りられなくなりますか?

一度での返済滞納だけでは、借りられなくなる可能性は低いです。

しかし、何度も滞納したり長期間滞納すると、カードローン自体の使用ができなくなってしまったり、信用情報機関に傷がついてしまい、その後のローンやカードの審査に通りにくくなってしまいます

返済スケジュールの管理が難しい場合は、アプリで気軽に管理ができるカードローンを検討してみるのがおすすめです。

カードローンは闇金業者と違うのですか?

カードローンは闇金業者とは違います。

正規のカードローンは、貸金業法により貸金業登録をしています

登録することにより、番号が発行されるので、ホームページなどで掲載されます。

しかし、中には貸金業登録をせずに、虚偽の情報を載せている会社もあるので注意が必要です。

対策としては、金融庁で、貸金業登録番号を検索するシステム画面がありますので、そちらにアクセスして、登録番号の確認をしましょう。

掲載されていない貸金業者は違法な業者なので、絶対に利用しないでください。

カードローンは危険性リスクを理解して上手に利用しよう

今回はカードローンの危険性にフォーカスし、危険性の理解と、リスクの回避方法をご紹介してきました。

カードローンの正しい知識を身につけておくだけで、上手にカードローンを利用することができます。

カードローンを賢く利用するためにも、まずは、ご自身がどのような目的でカードローンを借りたいのかを明確にすることが大切です。

次に、各カードローンの特徴をまとめ、自分に合ったカードローンを選ぶことで、効率よくカードローンを利用できます。

また、危険リスクを回避するためには、返済シュミレーションを使って返済計画を練ることや、余裕のある時は、繰り上げ返済を利用するなどの対策も重要になってきます。

カードローンは危険と言われていますが、正しい知識を身につけることで、上手く利用できます。

今回のカードローンの正しい知識やリスクをしっかりと理解し、返済計画をしっかりと練った上で、利用するようにしましょう。

目次